商品紹介 深鍋

今日は少し曇りがちな天気なんで、昨日までの強い日差しが無く、幾分過ごしやすいかな?まあ、それでも暑い事には変わりないんですが・・・(;・∀・)今日の商品紹介は「CR-20D 深鍋」です。

深鍋

○底のカーブのRがごはん鍋(小)、ごはん鍋(大)の比べると真っ直ぐになっているので、一番鍋らしい?鍋だと思います。ご家庭がIHヒーターであれば、これが一番使いやすいのではと思います。勿論、ガスコンロでも問題なく使えます。

○得意料理は、「煮物」・「茹で物」・「蒸し物」です!形状的に、「ごはんを炊く」以外の料理でオールマイティーに使える形で、自分のおっかさんも「深鍋」が一番使いやすいって言ってます。我が家では、みそ汁、ひじきの煮物、大根と手羽の煮物、カレー、茹で物など、毎日と言っていいほど使ってます。自分もインスタントラーメン作る時は「深鍋」で作ってます。

○深鍋ってネーミングがわかりにくいですよね?「惣菜鍋」なんて言った方が用途も分かり易いかもですね・・・

○「ごはんを炊く」ことも出来ますが、鍋の内側に水量の目安となる目盛がついていないのでキチンと水の量は測って下さい(1合につき約160cc位が目安)。余ったご飯を雑炊やおじやにする場合は最適だと思います。

○少量であれば「揚げ物」「焼き物」もばっちりです。熱伝導が本当にいいので、「揚げ物」は油の中に食材を入れても温度が急激に下がらず、また温度上昇も早いのでカラッと美味しく仕上がります。フタをすれば油はねも少ないです(その場合はクックハットの目盛りを「3」にして!)。「焼き物」は始めに、空だきにならない程度に鍋を温めて、油の量も1・2滴(食材によってはなくても大丈夫です)、食材を入れてフタをすれば、蒸し焼き状態となってカラッとふっくらジューシーに仕上がります!ただ、浅鍋と比べると底の直径が小さい&高さがちょっとあるので、量が多いと逆に作りにくいかも知れません。

○人数としては、一人暮らしの方から4人・5人家族ぐらいまでがベストですね。6人以上の家庭では少ないかもしれません。形状・容量的に、例えば炊飯器はあるから、あと一個鍋があれば・・・という方に最適な鍋です!圧力鍋の代用としても使えるので、一人暮らしの方とか、あまり料理鍋を持ちたくない方、この「深鍋」いっこあれば何でもできます!

○ヘルシー志向で、温野菜を多く食べる方、専用の蒸し器プレートを使えば、その上に野菜を置くだけ!普通の鍋より短時間で、圧力鍋よりも美味しく出来ます!(鍋内の温度は約100℃。圧力鍋は約125℃の2.5気圧ぐらいを食材に負荷をかけて柔らかくします。食材そのものの組織を壊してますし、うま味成分もこぼしてしまいます。クックレインボーは約100℃を維持する事で、食材の組織を壊すことなく、しかもフタが重いという部分だけの圧をかけるのでうま味成分を逃がすことなく柔らかくするので、素材本来の味が楽しめます。この違いは食べてみると明らかです!)。

○とにかく、一番使い勝手が良い鍋です!

ばあ~っと書い読みにくかったりわかり難かったらどうぞお気軽にご質問下さい。次は「浅鍋」の番です(笑)